ゆで卵を冷やす時間は5分が目安
スポンサーリンク

ゆで卵を作った後の冷やす時間、どのくらいが適切かと言えば、だいたい5分が目安ですね。
流水か氷水で約5分間冷やせば、殻がスムーズに剥けて、味も良くなると思います。

この記事では、ゆでたての卵を上手に冷ますコツや、熱々のゆで卵をなぜ冷ます必要があるのかについて、詳しく説明します。
うまく冷ますことで、きれいに殻が剥け、お好みの硬さの美味しいゆで卵を楽しめるようになりますよ。

スポンサーリンク

ゆで卵を冷やす時間

ゆで卵を氷水で冷やす

一般的には、ゆでたまごを冷やす時間は流水や氷水を使って5分ほどです。
触って冷たく感じるくらいまで冷やせば大丈夫です。

  • 氷水で冷やす場合、茹で上がったらすぐに氷水に入れてさっと冷ましましょう。
  • 水道水で冷やす場合は、水が温まらないように流しっぱなしにしましょう。

ゆで卵をすばやく冷ますことで、中までしっかりと冷やして美味しさを引き出します。

水道水をすぐ止めてしまうと、なかなか冷えずに時間がかかってしまうんですが、流しっぱなしにするのはもったいない気がしますよね。
なので、冷凍室の氷をボウルにざっと入れて、氷水を作るのがおすすめです。

5分は目安ですので、途中で手で触って確認してみてください。
手で持って熱くなければ、ちょうどよく冷えています。

ゆで卵が冷めたら、殻にヒビを入れて剥いていきます。
(私は包丁の背中でトントントンとたたいてヒビを入れていきます。)

流水の場合はそのまま、氷水の場合も剥くときは流水を使って殻の内側に水圧をあてるようにすると、つるんと剥きやすくなりますよ。

常温放置してはいけない理由

ゆですぎて黒くなったゆでたまご

ゆでたまごを冷ますとき、常温でおくのが楽ですが、それはおすすめできません。
できれば氷水や流水で冷ますほうが良いです。

理由①火が通って固くなってしまう

茹で上がった卵を熱いまま放置していると、ゆっくり冷めていく間にも卵に熱が入っていくため、どんどん固茹でになっていきます。

せっかく時間を計って好みの固さにゆでたつもりでも、思ったような半熟ぐあいを楽しむことはできなくなりますね。

また、卵を茹ですぎると、黄身のまわりが黒くなって見た目が悪くなる場合があります。
これは、加熱しすぎたために硫化第一鉄が作られてしまったからです。

害はないのですが、黒変を防ぐためにもすばやく冷やすことをおすすめします。

理由②殻が剥きにくくなってしまう

殻をむいたゆでたまご

ゆっくり冷ましても火が通るだけなら、固茹でにしたい場合は、常温放置で予熱利用するのも賢い方法のでは?と思われるかもしれません。

でも、冷ますのに時間がかかってしまうと、白身に薄皮がくっついて殻が剥きにくくなるというデメリットが発生するんです。

薄皮がなかなか剥がれないとイライラしますし、結局つるんと剥けなくてボコボコの見た目の悪いゆで卵になってしまいますね。

茹でたての卵は急激に冷やすことによって、熱で膨張していた中身がキュッっと縮み、薄皮が剥がれて剥きやすくなるんです。


ちなみに、古い卵を使っている場合、常温放置でも比較的簡単に殻が剥けることがあります。

新鮮な卵は、殻の中に炭酸ガスが多くあり、熱を加えると炭酸ガスの影響で白身が圧迫されて剥きにくいんです。
古いたまごでは、保存中に炭酸ガスが抜けているので、白身と殻のあいだに隙間ができて剥きやすくなります。

なので、特に新鮮なたまごでゆでたまごを作るときは、流水や氷水を使ってすばやく冷やすようにしてくださいね。

ゆで卵をすぐに冷蔵庫に入れてはいけない理由

ゆでたまご

ゆで卵を作った後、すぐに冷蔵庫に入れるのは避けた方が良いです。
その理由を簡単に説明します。

味と品質の劣化
熱いゆで卵を冷蔵庫に入れると、温度差で水滴が発生し、これが味の劣化や雑菌、カビの繁殖の原因になります。
ゆで卵の品質を保つためにも、冷蔵庫に入れる前にきちんと冷ますことが大切です。

冷蔵庫内の他の食品に影響
熱いゆで卵を入れることで、冷蔵庫内の温度が上昇し、他の食品に悪影響を与えることがあります。
特に乳製品など温度に敏感な食品は、品質が損なわれるリスクがあります。

冷蔵庫への負担と電気代の増加
冷蔵庫は内部の温度を一定に保つために動作します。
熱いゆで卵を入れると、冷蔵庫が余計に冷やす必要が出てきます。
これは冷蔵庫の故障リスクを高めるだけでなく、電力消費も増加させ、結果的に電気代の上昇につながります。

以上の理由から、ゆで卵は十分冷ましてから冷蔵庫に保存することをおすすめします。
これにより、ゆで卵も美味しく保存でき、冷蔵庫も無理なく使用できます。

ゆで卵を冷やす時間についてまとめ

ゆで卵を冷やす際の基本は、水道の水を流しながら、または氷水を使って5分程度、一気に冷ますことです。
手で触れるくらいの温度になったら、流水を利用して殻を剥きましょう。

常温でゆでたての卵を放置すると、殻が剥きにくくなることがあります。
特に新鮮な卵では、薄皮がくっついてしまい、きれいに剥けないことが多いです。

ゆで卵を急速に冷ますことで、殻が綺麗に剥けるだけでなく、好みの固さをキープできるという2つの利点があります。

これらのポイントを意識して、つるんときれいな、美味しいゆで卵を作ってくださいね。

スポンサーリンク