洗濯物を洗濯機の中に入れっぱなしはダメ
スポンサーリンク

洗濯が終わったあと、干すのを忘れたまま時間が経ってしまうことってありませんか?

洗濯機の中に洗った衣類を入れっぱなしにしておくのは、カビやイヤな臭いの原因になるため気を付けるようにしましょう。

また、洗濯前の衣類の置き場所にも注意が必要です。

この記事では、洗濯前後の衣類の適切な保管方法についてご紹介します。
正しく管理しないと、トラブルの原因になったり、手間のかかる洗い直しをしなければならなくなることも。

最後までお読みいただき、毎日の洗濯をスムーズにこなすコツを掴んでくださいね。

スポンサーリンク

洗濯機内の洗濯物放置はトラブルのもと

洗濯機の中に雑菌が増殖している

洗濯機に洗濯物を入れたままにしてしまうと、色々な問題が発生してしまいます。

この習慣は絶対に避けた方が良いですね。なぜなら、イヤな臭いの原因になるだけでなく、衣類がダメージを受けることにもつながるからです。

洗濯機内に放置すると起こる問題点
・悪臭が発生する
・洗濯物にカビが生えることがある
・洗濯機自体にもカビが生えやすくなる
・衣類にシワが多くなる
・アレルギーを引き起こす原因になることも

これらの問題を防ぐためにも、洗濯物はできるだけ早く干して乾かしましょう。

悪臭の原因に

服が臭い

きれいに洗ったはずの洗濯物なのに、入れっぱなしにしておくと臭くなってしまうのはどうしてなのでしょうか。

洗濯物を洗濯機内に放置しておくと、雑菌が増殖しやすくなります。
特にモラクセラ菌は洗濯機内で繁殖しやすい菌で、これが臭いの元となります。

湿度60~80%、20~30℃の環境は特にモラクセラ菌にとって理想的。
洗濯機内はまさにその環境です。

放置していると、雑菌はどんどん増え、臭いも強くなります。
いったん臭くなると、乾燥しても臭いが残ることもありますので注意が必要です。

抗菌・防臭効果のある洗剤を使用することで、菌の増殖を抑える効果が期待できます。

洗濯物にカビが生える

洗濯物にはえたカビ

湿った洗濯物を放置すると、カビが生えることがあります。
これは衣類やタオルに黒い点々として現れます。

カビを防ぐためにも、早めに出してしっかりと乾燥させることが大切です。
これがカビを防ぐ最も効果的な方法です。

洗濯終了の合図がなったら、いちはやく洗濯機の蓋を開けましょう。

洗濯機にもカビが生える

洗濯機自体にもカビは生えます。
特に使った後の洗濯機は湿気が多く、カビの発生しやすい環境になります。

洗濯機内にカビが生えてしまうと、洗濯しても衣類が臭くなる原因になります。
洗濯槽にカビが発生すると、除去するのはなかなか難しいしたいへんです。

洗濯物を取り出した後は、くず取りネットにたまったゴミも捨ててください。
洗濯機の蓋は開けておいて内部を乾燥させるのが良いでしょう。
タオルで内部の水滴を拭き取るのもおすすめです。

シワが多くなる

洗濯機の中で長時間放置されると、衣類がからまりやすく、シワが多くなります。
特に、長袖の服やタオルなどはからまりやすいですね。

シワを減らすためには、洗濯物を早く取り出して、干す前にバサバサと振ってから干すのが効果的です。
からまりやすいものや傷みやすいものは、洗濯ネットに入れて洗いましょう。

洗濯機の容量にも注意し、適量を守ることで、シワの発生を減らすことができます。

アレルギーの原因に

肌にかゆみを感じる女性

その「かゆみ」、もしかして衣類に潜むカビのせいかもしれません。
雑菌やカビが原因で、アレルギーを引き起こすこともあります。

アレルギーが一度始まると、完治は難しいことが多く、つらい症状と長く付き合うことになるかもしれません。

洗濯物の放置は、様々な健康上のリスクを伴います。
洗濯物はなるべくすぐに干すことが大切です。

洗濯槽のお手入れも大切

洗濯機の洗濯槽も、定期的に掃除することが大切です。

洗濯機を清潔に保つことで、万が一洗濯物を放置してしまった時のリスクを減らすことができます。

具体的には、2ヶ月に1回くらいのペースで洗濯槽クリーナーを使って掃除しましょう。

洗濯槽クリーナーには塩素系と酸素系があります。お家の状況に合わせて適切なものを選んでください。

菌の殺菌には塩素系、汚れ落としには酸素系が適しています。

私はどちらも使っていますが、塩素系は値段が安くて手間がかからないので気軽に掃除しようと思えます。

酸素系は、お湯を使う必要があることや、わかめのような黒いゴミが浮いてくるのでそれをとるのが面倒ですね。
でも洗濯槽の清掃を習慣にしていれば、困るほどのゴミはでなくなりましたよ。

また、数ヶ月に1回はメーカー純正のクリーナーを使うこともおすすめします。

実際に純正クリーナーを使うと、洗濯機内の汚れがよく落ち、その違いに驚くでしょう。「こんなに汚れていたの?」という驚きを体験することになります。

純正クリーナーは値段が高いですが、効果が持続するのであとがラクになります。

洗濯物を何時間放置したら洗い直し?

洗濯物を放置してしまった主婦

洗濯物を洗濯機内に放置できる時間には限りがあります。
この時間は季節によって異なります。

洗濯物を放置すればするほど雑菌が増え、悪臭がするようになります。

洗濯中に他の家事をしたり、買い物に出たりテレビに夢中になったりしていると、洗濯が終わったことに気付かなかったりしますね。
そこで忘れて放置してしまい、何時間も入れっぱなしということも…

入れっぱなしの限度は夏1時間・冬2時間

季節によって、洗濯機に洗濯物を放置できる時間は異なります。
気温や湿度が影響するため、以下のような目安があります。

洗濯槽に洗濯物を入れっぱなしでも大丈夫な時間は…
・夏場:1時間以内
・冬場:2時間以内

けっこう短いですよね。

夏場は気温が高く、雑菌の増殖が早いため、放置時間は短めが良いでしょう。
対して、冬場は気温が低いため、少し長めに設定しても大丈夫です。

また、洗濯槽から取り出し、干してからの時間も関係あるんですよ。
生乾きで菌が増殖してしまうのを防ぐためには、洗濯後5時間以内に乾燥させることが条件だといわれています。

夏の日差しや風のある日なら、外干しですぐに乾きますが、気温の低い冬場や湿度の高い雨の日、梅雨の季節には乾きにくくなりますよね。

乾燥が遅い日は、部屋干しにしてサーキュレーターや除湿機を使う、または乾燥機を使うなどの方法でできるだけ早く乾かすようにしましょう。

タイムリミットを超過したら洗い直しを

もし1~2時間という長い時間放置してしまった場合、面倒でももう一度、洗濯をしなおすのがいいでしょう。
その際は、水ですすぐだけでなく、しっかりと洗剤を使うことをおすすめします。

長時間放置した洗濯物をそのまま乾燥させてしまうと、そのときは無臭でも、濡れたときに「戻り臭」がでることがあります。
これは、雑菌が残った状態で乾燥し、汗や湿気で菌が活動を再開するためです。

放置したままタイムリミットを過ぎてしまった洗濯物は、雑菌をリセットする意味で再洗濯が最善の策です。
二度手間になったり水や洗剤を無駄にしないためにも、洗濯を始めたら時間を意識して、早めに干すのを忘れないようにしてくださいね。

洗濯前の衣類も洗濯機に入れておくのはダメ

洗濯機の中の洗濯物

洗濯する前の汚れた衣類を、洗濯するまで直接洗濯槽にためておく、という人もいるかもしれませんが、これは避けた方が良いんです。

どうせ洗濯するんだし、脱衣所が狭いし、と思われるでしょうけれど、洗濯かごを用意しておくことは大事なんですよ。

洗濯機に衣類を放置するとカビや菌の温床に

洗濯機内は風通しが悪く、特に洗濯槽の裏側は乾きにくいです。
濡れた洗濯機や汗で湿った衣類は、雑菌やカビの温床になりがちです。

洗濯機を衣類の一時保管場所として使うと、洗濯機内で菌が繁殖しやすくなります。
洗濯前の衣類にも雑菌はいますし、菌のエサになる皮脂汚れもたくさん。

洗濯機を回すのは1日1~2回、あるいは数日に1回まとめ洗いをしているお宅もあるかもしれません。
朝使ったタオルを夜、夜脱いだものを翌日、と半日以上も洗濯機の中に衣類がたまっている状態になりますね。

洗濯物は洗濯をする直前に洗濯機に入れ、洗濯が終わったらすぐに取り出すのがベストです。
この習慣が、洗濯物と洗濯機の清潔さを保つのに役立ちますよ。

洗濯カゴの選び方と設置

洗濯かご

洗濯機を衣類保管場所としないためにも、ぜひ洗濯カゴを準備してください。
洗濯カゴは、風通しの良さを基準に選びましょう。

私はたくさん穴が空いたやわらかいバケツ型のカゴを使っています。
分別したい家庭は、2段3段になったスリムな洗濯かごが使いやすそうです。

洗濯カゴの置き場がない場合は、洗濯ネットを利用するのも一つの方法です。
壁や洗濯機にフックを付け、洗濯ネットのループを掛けて使えば、洗濯時はそのまま洗濯機に入れることができます。

まとめ

この記事で紹介したポイントをおさらいしてみましょう。

・洗濯が終わったあと洗濯機に洗濯物を長時間入れっぱなしにすると、雑菌が増殖し、臭いや衣類の傷みの原因になります
・夏場は1時間、冬場は2時間を限度に、すみやかに洗濯物を取り出しましょう
・長く放置しすぎた場合は再度洗濯をやりなおしたほうがいいです
・洗濯前の衣類も同様に、洗濯機内に保管するのは避けましょう
・洗濯待ちの衣類は、風通しの良い洗濯カゴで保管するのがおすすめです

これらのポイントを日々こころがけることで、衣類を清潔に保ち、衣類や洗濯機の寿命を延ばすことができますよ。

スポンサーリンク