料理道具を最低限にしたいけどキッチンに必要な物って?断捨離のコツがわかった!

キッチンがすっきり片付いていると、毎日の食事の準備がスムーズにすすみますよね。

今回、断捨離についての体験談を教えてくださるのは主婦のあゆこさん。彼女もキッチンが片付かないことで悩んでいらっしゃいました。

ちえりなちえりな

あゆこさんは、キッチンの断捨離をされたんですね。

39

はい、料理道具なんかの量を減らせば片付くようになると思ったんです。

キッチンを使いやすくするには料理道具を最低限にするのが有効なのはわかりますが、必要なものを厳選するのってけっこう難しいですよね。

ちえりなちえりな

あ、あれ捨てなきゃよかった!なんて後悔しがちです。

43

私もそれが心配でした。自分でやってみて、コツがつかめたので教えますよ。

それでは、あゆこさんがどのように断捨離をすすめていったのか、くわしく教えていただきましょう。

スポンサーリンク

料理の道具を最低限まで減らしたい

あゆこさんはこんなことに悩んで、料理道具を最低限まで減らすことを思い立ったそうです。

  • 食器や調理道具が流しにたまって片付けがたいへん
  • 鍋やボウルなどが調理台を占領して、調理の効率が悪くなる
  • 家族が手伝ってくれてもあとでしまいなおす手間がかかる

38

気がつくと、使ったコップが流しにいっぱいなんです。

ちえりなちえりな

あー、あるだけ出しちゃいますからね~

あゆこさん

同じものをさっと洗って使えばいいとわかっていても、食器棚にきれいなコップがあれば、ついつい使っちゃうでしょう。


鍋やボウルなども、大きさが違うものが欲しくてどんどん出してしまう。そういうのが調理台を占領してしまい、調理するのにじゃまになるんですよ。

片付けにしても、せっかく家族が食器を洗ったり片付けたりしてくれても、しまう場所がまちまちで、あとで欲しいものを探さないといけなかったり、結局はしまい直さないといけなかったり。

実際の調理や片付け以外のことに時間を取られて、もったいないなといつも感じていました。でも家族も手伝ってくれるので、多少のやり方が違ってもガミガミ言いたくない気持ちもありました。

ちえりなちえりな

家族がお手伝いしてくれるのはうれしいですよね。

39

そうなんです。家族の仲がいいので、食事もにぎやかですよ。

あゆこさん

休日にホットプレートを使った料理など、食事やおやつづくりをレジャーのように楽しみたいという気持ちがあったんですけど…


でも、実際にやってみると道具の出し入れだけでドッと疲れてしまって。それに後片付けのことを考えると、なかなか気軽に「さあやろう!」って感じになれなかったんですよね。

毎日の食事作りや片付けに追われ、疲れ切っていたあゆこさん。

ちえりなちえりな

その悩みを、断捨離で解決できたんですね。

40

そうです。物を減らして空きスペースを作ることにしたんです。

スポンサーリンク


キッチンに必要な物だけを残すには?

物の絶対量を減らすことで、格段に作業効率が上がったというあゆこさん。

ちえりなちえりな

それでは、あゆこさんの断捨離術を教えてください。

39

はい、実行したことを3つにわけて説明しますね。

すぐに捨てずに、一旦よけてみた

空きスペースを作るために食器類や調理道具を減らそうと思ったものの、どれだけ捨てればいいかよくわかりませんでした。

そこで、まずはコップはマグカップとガラスコップを家族の人数分だけに絞るなど、1種類につき1個で試しにやってみることに。

このとき、すぐには捨ててしまわず、これくらいかな?と思う分を台所に残し、あとはダンボールにまとめて物置にしている部屋に一旦置きました。

実際に減らした道具でやってみると、おたまはひとつでは回らないとか、減らし過ぎもよくないなって分かってきたんです。

その都度要るものは戻しながら取捨選択ができたので、断捨離しすぎずに済みました。

家族の食器は大きさ別に

食器類は数を絞り、大きさ別に並べることにしました。

しまうのも、大きささえ合っていればよしとしたので、しまいなおしの手間が減りました。


割れてしまったりして数が足らなくなりバラバラなものもありましたが、家族全員が同じ皿でなくてもいいというルールにしました。

子どもは柔軟で、そうなるとお味噌汁を大きめのマグカップに盛りつけたりするんです。それはそれで食卓の雰囲気が変わって面白いんですね。

調理器具は洗いながら使い回す

お鍋やボウルなどの調理道具もぐっと減らしてみました。

ひとつの料理を作り終わった鍋を洗って、それから次の調理しても、たいして時間はかからないです。むしろ、邪魔な道具をどけたり探したりする手間が減って作業しやすいです。

どんどん新しい鍋を出してあとでまとめて洗うほうが効率がいいような気がしますが、狭いキッチンでは洗い物があふれかえってしまうんですね。

やってみてわかったキッチン断捨離のコツ

キッチンに物が少なくなったら、調理台はスッキリして使いやすくなるし、流しに洗い物がたまってうんざりすることもなくなる。ぐっと効率が良くなりましたね。

40

家族の手伝いもスムーズになったし、休みの日には気軽にホットプレートパーティーを楽しめるようになりました。

あゆこさんがつかんだキッチンを断捨離するときのコツをまとめます。

まとめ
  • 捨てる前に取捨選択のワンクッションを置く
  • 最低限のもので足りるよう、使い方を臨機応変に工夫する
  • 大きさ別に揃えると、しまう場所がわかりやすくなる

キッチンが片付かないことに悩んでいて、解決策として「断捨離したい」と思っているひとは、あゆこさんのやり方を参考にするといいですね。

39

断捨離というとまず捨てる、というイメージですが、いっぺんに捨ててしまう必要はありません。

試しに1週間、減らしても良さそうな道具を別室においてみてください。要るものと要らないものが分かりますよ。

あゆこさん、ありがとうございました。

スポンサーリンク