お土産の正しい読み方は?
スポンサーリンク

私たちが旅行で楽しみにしているのは、間違いなくお土産探しですね。

「これは〇〇さんにぴったり!」と思って選んでいるうちに、気がつけば自分用のお土産の量が人にあげる分を超えているなんてこともよくあります。

それもそのはず、その土地でしか手に入らない特別なものですから。
迷ったときは、結局買ってしまうことが多いですよね。

さて、そんな「お土産」ですが、「おみやげ」と読むのは一体どうしてでしょう。
「土」が「み」に、「産」が「やげ」になるのか、それとも他の読み方があるのでしょうか。なかなか複雑です。

今回は「お土産」の由来について解説します。

また、似たようなことばに「手土産」「おもたせ」がありますね。「お土産」との違いはどこにあるのでしょうか?
ぜひ最後まで読んで、うまく使い分けられるようにしてくださいね。

「おみやげ」と「おみあげ」、語源はどこにある?

おみやげ

もともと「土産」という言葉は、「その土地の産物」を指し、「とさん」や「どさん」と読まれていました。

広辞苑によると、「みやげ」という音は、「よく見、調べて、人に差し上げるもの」という意味の「見上げ」が変化したものだそうです。

つまり、「お土産(みやげ)」とは、「見上げ」の意味に「土産」という文字を当てはめたものになります。

この語源から考えると、「おみやげ」も「おみあげ」もどちらも間違っていないと言えます。

また、音と文字が異なるため、想定外の読み方が生まれたというわけです。

「見上げ」と「土産」は本来別の意味を持つ言葉でしたが、室町時代から混同されるようになり、やがて「土産」を「みやげ」と読むようになりました。

ちなみに、現代の辞書には「おみやげ」という表記が一般的です。
「おみあげ」という言葉は辞書には見当たりませんね。

確かに語源は「おみあげ」とされていますが、今日では「おみやげ」が正しい表記とされています。

さらに、以下のような「みやげ」の起源に関する理論も存在します。

「屯倉」「都笥」「宮倉」「宮笥」
どれも「みやけ」と読みます。

「屯倉」は、大和朝廷までさかのぼる古いことばです。
この中でも有力な説が、古くに神社などで配られた「宮笥」に由来するのではないかというものです。

お土産文化はお伊勢参りにはじまる

伊勢神宮

かつて、多くの人々が一生に一度は実現したいと願っていたのが、お伊勢参りでした。

お伊勢参りとは、江戸時代に流行った三重県の伊勢神宮への参拝のことです。

ただし、お伊勢参りは経済的な負担が大きいため、多くの人が一生貯金してもお伊勢参りを叶えられないという現実に直面しました。

この問題を解決するために生まれたのが「お伊勢講」です。この「講」とは、集団を意味します。

お伊勢講では、メンバーから資金を集め、その資金を貯めて、講の代表に「餞別」として渡し、お伊勢参りをしてもらう。
そして、行けない人の分まで祈願してもらうというというものです。

お伊勢参りに行く代表者はくじで決められていたそうです。

このようにしてお伊勢参りに行った代表者たちが、長旅と参拝を終えて仲間に持ち帰ったものがあります。
これが「宮笥(みやけ)」であり、神社で受け取ったお札を貼った板のことです。

これが「お土産」の始まりとされています。

初めは宮笥がお土産の中心でしたが、徐々に伊勢神宮周辺で地元の特産品を扱う店舗が増え、宮笥以外のさまざまなお土産が購入されるようになりました。

「手土産」「お土産」「おもたせ」の意味と使い分け

てみやげ

お土産の語源や始まりを知ると面白いですね。
現代では「おみやげ」という言葉はもっと様々なシーンで使われていると感じます。

お土産と似たような言葉、あるいは混同されて使われている言葉に「手土産」「おもたせ」がありますね。

日本文化における「手土産」「お土産」「おもたせ」という言葉は、微妙ですが意味が違います。

特にビジネスシーンや目上の人への対応では、これらの言葉の正しい使い方を理解しておくことが大切です。

手土産とは

「手土産」とは、訪問の際に持参する感謝のしるしです。
たとえば、友人宅や親戚の家を訪れる際に、訪問の感謝を表すために持っていく品物が「手土産」に当たります。

遠方の友人に会いに行く際に、自分の住んでいる地域の名産品を持参することが一般的です。

お土産とは

「手土産」とは異なり、「お土産」はプレゼントのような気持ちを込めて渡すものです。

例えば、旅行から帰ってきた際に、旅行先の特産品やお土産物を共有することが「お土産」です。

修学旅行や社員旅行などで、その土地ならではの食べ物や工芸品を持ち帰るのが典型的な例です。

実は、旅行先以外の地域の特産品を「お土産」として渡すのは適切ではないんですね。

おもたせとは

「おもたせ」とは、贈り物を受け取った側が使う表現です。
頂いたものに対する敬意を示すために、その品物を指して使われる言葉です。

「おもたせ」の言葉は、持参された品物を出す際に「おもたせで恐れ入りますが…」などと伝えるのが礼儀正しい使い方です。

特に生鮮品やお菓子など、すぐに食べることができる品物を頂いた場合、それを一緒に楽しむのがマナーです。
持ってきた人も、自分が選んだ手土産を共に味わうことができてうれしいですよね。

さいごに

「お土産」と書いて「おみやげ」と読むこの独特な表現は、漢字の「土産」と、その読み方である「おみやげ」との間に語源の違いがあるために生じています。
「土地の産物」を意味する「土産」が、実は当て字だったのですね。

お土産の習慣は、お伊勢参りとの関連性が深いとされています。
昔の人々は、お伊勢参りの際に、支援してくれた仲間への感謝の気持ちとして、旅先の商品を購入し持ち帰っていたのです。

また、現代では気軽に使っている「お土産」というフレーズですが、「手土産」「おもたせ」ときちんと使い分けることも大切なんですね。

私も「はい、これおみやげ!」と手土産を渡すことがあるのですが、厳密には違うなぁと思いました。

そういえば私の好きなスピッツのアルバムに「スーベニア」ってありますね。
英語ではお土産や記念品のことを souvenir というそうです。英語でもいろいろな意味を含んでいる言葉のようですね。

スポンサーリンク