一人暮らしで掃除できない!きれい好きなのに水回りが苦手…克服するコツは?

生まれ育った実家はいつも掃除が行き届いていて、自分もきれい好きなのに、一人暮らしを始めたらなかなか掃除がうまくできない

そんな悩みをお持ちだった青りんごさん。

今日は、青りんごさんの体験談とアドバイスをうかがいたいと思います。

ちえりなちえりな

その悩み、一人暮らしあるあるですね!ぜひ詳しく聞かせてください。

26

はい。よろしくおねがいします。青りんごです。

青りんごさん

掃除がうまくできないと、せっかくはじめた一人暮らしも楽しめないじゃないですか?そんなひとに、私の経験がお役に立てたらうれしいです。

それでは、青りんごさんがどんなふうに悩んでいたのか、お聞きしていきましょう。

スポンサーリンク

一人暮らしを始めたけど掃除がうまくできない

29

掃除系の家事がとても大変で…汚れを見るのもイヤだったんです。

青りんごさん

一人暮らしを始めたばかりの頃には、実家でほとんど家事経験がなかったこともあって、掃除系の家事がとても大変でした。

綺麗な環境が好きなので綺麗にしておきたいとは思うのですが、特に水回りの掃除など、ちょっと汚れが溜まってしまうとそこを見ることすら既に気分が悪くてイヤ…というような状態で、本当にどうしようかと思いました。

ちえりなちえりな

きれい好きなだけに、汚いところが触れなかったんですね。

青りんごさん

すごく抵抗感があって…。掃除用具といったものも何だか男性用品みたいなデザインばっかりだった時代で、見ていると気持ちが暗くなって手に取りづらかったことも掃除が億劫になっていた一因です。

思い描いていた憧れの一人暮らしと、生活そのものである現実とのギャップに凹んでいた青りんごさん。

でもこのままではいけない…ということはわかっていたんですよね。

28

はい。これじゃこの先、結婚できないかも…って。

青りんごさん

家が汚いのでは友達も呼べなくて、せっかくの一人暮らしの環境になってもちっとも生活が発展していかないし…。

もちろん水回り等が汚いなんて、不衛生で健康にも悪いですよね。家事はいつかは全部自分で出来なくてはいけないものだとはわかっていました。

スポンサーリンク


苦手な水回りの掃除を克服!コツは自分流

一人暮らしの部屋にお友達を呼ぶこともできず、このままでは結婚できない…とまで思いつめた青りんごさん。

ちえりなちえりな

まず、どのへんから変えていったんですか?

26

はじめに、かわいいアイテムを揃えました!

青りんごさん

苦手な掃除をするときの気分をよくするために、とにかく可愛い掃除アイテムを揃えることにしたんです。よりデザイン性のあるもの、そう凝ったものがなければひたすらピンク色のものにこだわるなどしました。

ちえりなちえりな

なるほど、いちばんに気分を上げるのは大事ですよね!

スーパーやホームセンターだけでなく、雑貨屋さんや通販でかわいい掃除道具を探してみると、好みのものが見つかりますよね。

そうやって掃除への抵抗感を少なくし、それから…?

27

はい、自分流の掃除スタイルを考えました!

青りんごさん

とにかく汚いものに我慢できなかったので、直接的にしろ間接的にしろ、なるべく汚れに自分の手が触れない、汚れから遠いという状況で掃除することにしました。

道具や手袋を使う

たとえば雑巾やスポンジを手で持つのではなく、柄の付いたブラシやスポンジを使います。もっと小回りが必要なときは、割り箸に布を巻き付けて小さな掃除道具を作ることも。

また、どうしても手を使うときは、徹底的にゴム手袋を着用します。

汚れる前にきれいにする

汚れがたまるとどんどん見たくも触りたくもなくなってしまうので、ちょっとした汚れのうちにさっと掃除してしまうようにしました。

できるだけ使い捨てにする

ゴム手袋みたいなものは消耗品的に考え、そういうものは100均で十分なので、どんどん買ってどんどん捨てるという精神でいきました。

基本的には掃除用具全般を同様にとらえて、「一回使ったら汚くなったのですぐ捨てたい」という気持ちを出来るだけ叶えるようにしていると思います。

ちえりなちえりな

もとがきれい好きなので、この方法ならいつもピカピカでしょうね。

掃除が苦にならなくなって、一人暮らしも楽しくなりましたか?

26

お友達を呼んで楽しく過ごすこともできるようになりました。

青りんごさん

掃除に問題がない環境だと、自分も気分よく家にいられます。そうなると、家で一人でいてもやりたいことがどんどんはかどるし、家を活用しているといったようなアクティブな気持ちになれます。

ちえりなちえりな

お友達との時間も、ひとりで過ごす時間も充実!ってわけですね。

まとめ

実家がいつもきれいで、あまり家事を手伝ったこともなかった青りんごさん。苦手といいながらも家事上手だったお母様に似て、実は良いセンスをお持ちのようですね。

特に水回りの掃除ができなかったという、青りんごさんが実行したやり方をまとめます。

まとめ
  • 気分が上がるようなカワイイ掃除アイテムを揃える
  • 汚れに直接触れなくていいように、柄のついた道具やゴム手袋を使う
  • 汚れた道具はすぐに捨てたいので、消耗品として考える
  • 汚れがたまる前に、さっときれいにする習慣をつける

こだわりの可愛いアイテムを揃える一方で、100均のものや割り箸を使うなどメリハリのきいた掃除法が参考になりましたね。

それでは最後に、以前の青りんごさんと同じように、はじめての一人暮らしで掃除のことで困っている人に、なにかアドバイスがありますか?

27

完璧にこだわるよりも、自分がやりやすいように自分としての方法論を確立してしまった方がいいですよ。親や年上世代のやりかたで引っかかってしまうと、掃除そのものが出来ないままになりがちです。

なるほど、今は使い捨てブラシなど便利なアイテムも出ていますしね。

青りんごさん、ありがとうございました。

スポンサーリンク